Googleドキュメントの見出しを設定するには?効率的な方法も紹介!

Googleドキュメントの見出しを一括で適用させる方法サムネイル

Googleドキュメントでは、一度にすべての見出しを一括で適用する機能はありませんが、効率的に見出しをつけていく方法があります。その設定方法は、見出しを設定したい箇所を複数選択して適用する方法になります。例として、『見出し2』を適用する手順を紹介したいと思います。

基本:見出しの設定方法

はじめに、見出しの適用の仕方をご紹介したいと思います。ご存知の方は、応用までスキップしてください。

①見出しに設定したい段落を選ぶ

自分が見出しに設定したい段落にカーソルを合わせます。今回の場合は、「飽き性」という段落を見出し2に設定していきます。

②見出しを適用する

自分が見出しに設定したい段落にカーソルを置けたら、上の方にある表示形式→段落スタイル→自分が設定したい段落を選ぶ→適用という順番でクリックしていきます。

③確認する

そして、左端と選択した段落が見出しに設定されていたら完了です。

応用:一度に見出しをつける

①文章を段落ごとに分ける

文章を段落ごとに分ける

まずは文章を段落ごとに分けます。

段落分けをしないで見出しを設定しようとすると、視認性が悪くなり、どこを見出しにしたいのかわからくなります。

もし段落分けをする作業が手間だと感じる場合や、段落分けをしなくても問題ないという方は、そのまま次に進んでも大丈夫です。

②見出しを複数選択

次に、見出しを複数選択します。

見出しを複数選択

同じ見出しスタイルを適用したい複数の段落をマウスで選択します。連続する段落を選択する場合は、Ctrlキーを押しながら選択すると複数選択できます(Windowsの場合)。

選択方法は、上図のように行が選択できていれば問題ありません。

③見出しスタイルを適用

見出しスタイルを適用

選択した段落がハイライトされた状態で、上部メニューバーの「表示形式」→「段落スタイル」をクリックします。

そこで「見出し2」を選択し、好みに合わせてどちらかを選択します。

④見出しの確認

Googleドキュメントの見出しを一括で適用させる方法サムネ

すると、選択した段落に一括で見出しスタイルが適用されます。この方法で、複数の段落に対して同じ見出しスタイルを一括で適用することができます。

注意点

注意点として、この方法は一度に複数の段落に同じ見出しスタイルを適用する場合に有効ですが、異なるスタイルを持つ見出しを一括で適用することはできません。それぞれの段落に対して個別に適切な見出しスタイルを選択してください。

もし記事にミスや一度に見出しを設定できる方法があれば教えていただきたいです!

以上が、Googleドキュメントでの見出しの一括適用方法です。効率的な見出し付けを行い、スムーズな文書作成に役立ててください!